住宅の売買は一生モノですよね・・・

■買取と仲介を理解しておこう

マンション売却の方法には買取と仲介があります。
買取とは自分のマンションを不動産屋にそのまま買い取ってもらいます。
一方、仲介とは不動産屋に自分のマンションを買ってくれる人を見つけてもらいます。
どちらにもメリットはあるのですが、高く売却しようと思ったら仲介がオススメです。
仲介であれば自分が希望する金額にて購入してくれる人を探してもらえます。
結果見つかればその金額にて売却が可能です。
不動産屋には手数料を支払って完了となります。
しかしデメリットとしては時間がかかります。
すぐに希望する金額での買取り者が見つかればいいですが、見つからない場合ももちろんあります。
かなりの時間がかかることをしばしばです。
一方、買取りのメリットはすぐに買い取ってもらうことが可能です。
不動産屋に直接買い取ってもらうため、時間を要しません。
その代わり、不動産屋の鑑定結果にて買い取り金額が決まるため、安く提示されることが多くなります。
金額よりもスピードを求めるのであれば買取がオススメです。
双方にメリット、デメリットがあるため特徴をしっかり理解しておく必要があります。
後々に後悔しないよう、妥協せずにマンション 売却に取り組んでいきましょう。
良い結果を勝ち取ってください。

こちらのサイトで詳しく紹介しています → マンションを売却する時のコツ

m1

■中古はお得な事が多いです

最近は色々な分野でで中古の物が売られています。
たとえば大きなものでは一戸建てやマンションです。
中古と言うのは人が一度使ったものですから、その分値段が安くなっています。
ですから高価な一戸建てやマンションでは、中古が狙い目だと言えます。
中古と言っても築何十年もたっているものは別ですが、築数年程度の一戸建てやマンションなら、新築と大差ない事が多いです。
今は中古物件と言えどもそのまま売る事は少なく、リフォームをしてから売りに出しますから、新築と見まがうほどきれいな物件があるのです。
それでいて新築物件よりも割安なのですから、お得と言わざる得ないのです。
その他にも中古車もお得だと言えます。
今は新車を買って直ぐに売りに出す人がいますから、中古車でも新車と変わらないものがたくさんあります。
外観も内装も汚れも傷もなく、言われなければ中古車だと気付かないものもあります。
これだけ中古のものが優れているならば、敢えて新しいものを買う必要がないとも言えます。
最近はリサイクルが普及して、使わなくなったものをリサイクルに出す人が増えています。
リサイクルが増えればごみが減りますので、地球環境にも好ましいと言えます。
中古が普及すると言う事は私たちにとっても、地球にとっても良い事尽くめなのです。

m2

■不動産ローンとは

不動産担保ローン、略して不動産ローンとは、金銭の借り入れの際に不動産を担保にする方式の金融商品です。
最近では無担保のローンも盛んに利用されていますが、不動産ローンは担保が前提です。
クレジットカードなどに付帯しているキャッシングなどの機能でローンを受ける場合は、いわゆる信用貸しともいえます。
ローンを利用する時に担保を使わない場合は、一度に借りることができる金額が少ない、短期のローンです。
一方、不動産ローンは担保として不動産を用意するので、借り入れ上限額が高めで、貸付条件がよいものになります。
貸し手である銀行などの金融機関の立場になってみると良くわかると思います。
返済が難しくなった場合でも、不動産ローンであればその不動産を売却することによって、金融会社はリスクを最低限にできます。
より低い金利で、まとまった融資が受けられる不動産ローンは、担保を出すことができる人には嬉しいものではないでしょうか。
不動産担保ローンは用途が自由なので、いろんな所で使う事ができます。
リフォーム目的や、家を買うためのローンは、他のことにお金を使うことはできません。
不動産ローンでは、どんな目的にでも使えます。
不動産ローンは、担保物件の評価額によって金額もかなり大きな金額まで借り入れることができます。

m3